不思議好きの喫茶店

不思議好きの喫茶店

不思議なことが好きな方も、全く好きでない方も、お気軽にお立ち寄り下さい。

なんちゃって関西弁ですみません🙇

f:id:thrush66:20210228145134j:plain:w600:h360
不思議好きの喫茶店へようこそ。


私は元来お笑い好きです。

お笑いと言っても、芸人のお笑いに限らず、面白いことを常に考えたい性分です。

度が過ぎると、ただのふざけた人と思われかねないので、気を付けないといけません。

子供の頃は勉強なんか嫌いで、外で毎日真っ黒に日焼けするほど遊んでいました。

雨の日は「つまんないなー。なんか面白いことないかなー。」とうるさく言っては、母親に「うるさいっ」

と叱られていました。

母はお笑いが嫌いな人です。

芸人さんが好きではないそうです。

だからといってくそ真面目な人間でもありません。

まぁそういうこともあって、あまり母の前では素の自分を出していません。


小学生の頃『8時だョ!全員集合』が好きでした。

毎日20時(早っ!)就寝だったのですが、土曜の夜だけは21時までテレビを見ていました。

なぜなら、父もその番組が好きだったからです。

志村けんさん面白かったですね~。

研ナオコさん、野口五郎さんも面白かったです。

小6になると、『オレたちひょうきん族』を観る子が増えました。

多分ですが、この番組がきっかけで、私は関西弁を好きになったんだと思います。

道産子には道産子の方言がありますが、関西弁は新鮮でした。

なんで関西弁で話すと何でも面白く聞こえるんだろー?と思っていました。

何となくですが、関西に住みたいとさえ思うようになりました。

なぜか関西弁を話すことに抵抗がないのです。

それで、気づくと関西圏に移住していました。😊


ここだけの話、北海道の人は関西人が苦手な人が多いです。

お金の話をよくするところが嫌だと聞きました。

値切るのなんてもっての他というところでしょうか?

現在の私の住まいはあくまで西よりであって、大阪とか京都ではありません。

なんちゃって関西弁なんですよね。

住めばイントネーションの違いは明らかなのですが、北海道の人は全部同じに聞こえます。

外国人が、日本人と韓国人と中国人が同じに見えるのと、似たようなものです。

私が実家に帰ると、時々なんちゃって関西弁が出てしまい、気持ち悪がられます。
(関西弁が気持ち悪いというより、あくまでも、私が話しているのがです。)

母などは、あからさまに嫌がります。


こちらに来てまず一番にカルチャーショックを受けたのが、レジで「ありがとう」と言うことです。

同じようなことが、オーストラリアでもあったのを思い出しました。

最近はご存知の方も増えていますが、海外の方ではレジで気さくに会話をするのが普通のことなんですね。

私は約20年前にそれを見たとき、「なんでレジで話してんの?常連だから??」と、とても不思議に思った
ことを覚えています。

それで、関西地区のレジでの「ありがとう」にもかなりの違和感がありました。

何に対してのありがとうなのだろうと思ったのです。

しかし、こちらの方は会話の最後に「ありがとう」をつけるのが習慣のようです。

それこそ長~い歴史の中で染みついたものなのだろうなと、長年住んでやっとわかるようになりました。

あまり「ありがとう」を癖のように連発されると、ありがたみも薄れる感じで嫌なのですが、
そこはもう慣れました。

これが【郷に入っては郷に従え】というやつか…と思います。


転勤を何度も繰り返される人は柔軟性が身につきそうですね。

反対に、こちらから見た北海道がどんなものなのかということも、こちらに住んだからわかることです。

自分が慣れ親しんだ故郷を離れることは、デメリットばかりでもありません。

別の視点で見れるということは、なかなかに興味深くて新鮮です。
(最初は慣れるまでが大変なのですが💦)

私の場合は、なんちゃって関西弁のさらになんちゃって関西弁なので、こちらの人からしたら
違和感以外の何物でもないでしょう。

時々、「~じゃん」とうっかり発してしまうと、こちらを奇異の目で見てくる方がおられるので
気を付けなくてはいけません。😓



皆さんも同じではないかと思いますが、最近旅をしていないので遠くに行きたくなります。

コロナが終わったら、行ったことのない地方にぜひ行ってみたいものです。

どうか、早く収束しますように…


ここまで読んで下さり、ありがとうございました。