不思議好きの喫茶店

不思議好きの喫茶店

不思議なことが好きな方も、全く好きでない方も、お気軽にお立ち寄り下さい。

天才

不思議好きの喫茶店へようこそ。


子供が思春期に入り、私にいろいろな質問を投げかけてきます。

昨日は、好きな漫画の話。

どんなジャンルの漫画が好きかと聞いてきました。

子供のころから夢見がちな私は、

宇宙とか、超能力とか、妖怪とか、悪魔の出てくる話が大好物です。

ストーリーはシリアスなもの、サスペンス要素のあるもの、

人や物事の裏側を描いたもので、悲しくて儚い話が好きです。

例えギャグ漫画であっても、どこかシュールな感じのものが好きです。

主人公に共通して言えることは、天才的な才能や能力を持っていることです。

そして大抵、特殊能力を持っていたり、天才的な才能や能力を持つ者は孤独です。

私は、その孤高でしなやかな姿に憧れると同時に、

内に秘めた、孤独で繊細な部分に儚さや美しさを感じます。

ちょっと大袈裟な表現かもしれませんが、結構大真面目にそう思います。


現実世界には、頭の出来が違う人っていますよね。

すごいなぁと思いますが、自分がそれになりたいかと言われると、そうではないですね。

皆さんはどうでしょうか?

私は、意外と現状のままでもいいかなと思います。

子供の頃は違いました。

どうして自分はこんなに頭が悪いのだろう?とか、

自分は、人の何倍も努力しなければてっぺんまではいけないのだ。

なんて不公平なんだろう?と思っていました。

でも、それがいつしか、年を重ねるにつれて変わっていきました。

いくら頑張ったところで、もともと持ち合わせているものは変わりません。

上を見たらきりがないのです。

そんなことに嘆いているよりも、今ある現状で、与えられた環境で、

自分ができることをすればいいのではないかと思うのです。

自分は所詮自分です。

さらに最近は、人に必要なものって、結局これだよなと思うことがありました。

それは何だかわかりますか?


今朝、子供が天才と言ったら誰を思い浮かべるか?と聞いてきました。

私は、アインシュタインと答えました。

そう、そのアインシュタインで思い出したのですが☝


かの有名なアインシュタインが、娘にあてた手紙をご存知でしょうか?

お恥ずかしながら、私は最近知人にそれを教えてもらいました。

その手紙には、アインシュタインが導き出した答えが、

愛であるということが書かれています。

全文は書きませんが、二文抜粋します。

+++++++++++++++++++++++++++
『愛』は神であり、神は『愛』だ。

愛には限界がないため、愛こそが存在する最大の力である
という結論に至った。
+++++++++++++++++++++++++++

私はこれを読んだとき、

かの有名な天才物理学者アインシュタインでさえ、行きつく先は『愛』なのか~!

と、思ったのでした。


いかがですか?

なかなか興味深いですよね。

「知ってたよ」とか、「きれいごと」という声も飛んできそうですが^^;


ここまで読んで下さり、ありがとうございました。